メニュー

ひどくドラマというシュチュエーションでした。 宿命で初めてリングを貰いました。

2017年1月27日 - 未分類

自分はシングルマザーなんですが、
意外と長く付き合ってはいなかったのですが、子どもが生まれて(半年)はじめて
付き合った元同級生の恋人の時に、
クリスマスイブの前の太陽の
12毎月23太陽だったと思います。
ライトアップを見に、
遊園フィールドに行こうという話になり、
お母さん助っ人両人と、一緒に行くことになり
愛車で往き2ひととき身近繋がるんですが始終恋人が運転してくれてました。
着いて子どももいたので重たくて、
代わりに抱っこしてくれたりしてくれました。
自分はこういう事業だけでもすごく幸でした。

観賞愛車に乗ろうに関してになったのですが、果てしなく並んでて長い行列でした。
寒すぎて少しキレちゃって
恋人に
いよいよいいよこういう寒い間
我慢してまで並んでもうま味ないしって
言っちゃっても
恋人はしばし頑張ってって言ってて、
お母さん助っ人といういっしょに恋人たちを置いて
不服ビッグイベントしちゃってました。笑

やっとの事で自分たちの番が来て
先にお母さん助っ人両人が乗って次にわたし!

それでも本当は自分観賞愛車が怖かったので
大してのぼりたくはなかったのですけどね。笑っ

頂上周囲で恋人が急にどこに隠してたのやら
ちぃさな器物を自分にくれました。

ネックレスとかかなぁとか思ったのですが、
リングでした。
見た季節果てしなくわめきみたいになりました。
それでもそれと同時に笑顔がこみ上げて来て…
流石に我慢してましたが…笑っ
けれども恋人はあれ?泣い取り去る?って言って来て実質泣いてる風になったのですが、

ドラマという甚だしくベタな感触でしたが、
初めての積み重ねをしました!

ちゃんと凄く幸でした。
今でもあの太陽の事は忘れられません。

けれども実質先々両者すれ違って別々の行程へとなったのですが、
やはり初めての積み重ねとかひどくかけがえのない進呈ですなって思いました。

些か対話が逸れてるかもしれませんが、
自分にとりましてついに貰ったリングや幸を感じる事が凄いいちばんの進呈です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です