メニュー

今までもらったサービスの中で最高峰中の最高プレゼント

2017年1月27日 - 未分類

うれしかったものは、私の生まれに大好きな亭主から一本の赤いバラをもらったときだ。亭主はおんなじ大学で学部は違うのですが、大学3年生ごろでおんなじ勉学でやっと話しました。ぼくは大学最初年生から亭主のことを知っていました。伸長が高くて剣道が激しいことを近くから聞いていて、ぼくは伸長が高くてがっしりやるやつが博士だったので、彼氏がいるのにいいなと思いました。そういった亭主がおんなじ勉学にいて、驚いてしまいました。その勉学で指図のお手伝いをする担当選定があり、何となくみんなの拳固が上がりませんでした。ぼくが決めるかなと思った矢先に亭主が一気にあげたので、ぼくはやるしかない!として2人で救援担当になりました。とも人見知りなので最初はどうしても話さなかったのですが、勉学が増えていくと、2人だけになる機会が数多くそれなりに話していきました。ぼくは亭主を見るたびにどんどん気になって行くのと同時に長距離恋愛の彼氏がいるので好きになっちゃダメだという本気でした。半年経ってはるになったある日、ぼくが就活で都内に行き、帰りに上野公園の桜を見に行きました。桜が秀麗すぎて見てるうちに亭主のことを思い出してしまい、ぼくは亭主のことが博士だと自覚しました。それから一月悩んで長距離恋愛の彼氏は離れ、亭主に発言したら両思いでした。その亭主から付き合って初めての生まれに私の家で、リラックマグッズ長期間というデザートといった一本の赤いバラをもらいました。ぼくは今まで花をもらったことがなかったので、すごいメモリーに残りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です